必見!病んだ魂を元気にする方法

魂の不調は心・肉体・人生に影響します。病んだ魂を元気にする驚きの方法について紹介します。

うつ、病気、霊障 本当は恐ろしい魂の不調

 

「魂の病院」はごく普通のお宅

40歳の夏、私が初めて訪れた魂の病院は住宅街にあるごく普通のお宅でした。

「いらっしゃい!暑かったでしょ。さあどうぞ。」とにこやかに出迎えてくれたのは、ややご年配のA女史。

見かけはごく普通の主婦・奥さん・お母さんといった感じです。

実際ご主人様もお子さんもいらっしゃるとのことでした。

診療室は昭和ムードの漂う、ほっこりした茶の間。何の特別感もありません。

ただ大きな花瓶にキレイな花がたくさん飾られていました。

 

  • 体調はどうか?
  • 何か悩んでいることは?
  • 来院の動機は?

 

このようなことを簡単に聞かれた後、いよいよ魂の診察です。

その時は、私以外に他の患者さんは誰もいませんでした。

 

診察の結果 私の魂は仮死状態!?

パイプ椅子に座る私の前で、A女史は静かに言いました。

「あなたの魂は疲れ切って倒れてますよ。ほとんど仮死状態。意識不明の状態で寝てますね。」

 

私はA女史の言葉が理解できず、思わずこんなことを口走っていました。

「えーっ!? どうしてですか?私はどこも悪くありませんが。それに私、起きてます。」

 

魂と肉体の違い

A女史は以下のことを丁寧に説明してくれました。

  • 魂とはその人の中心核となる生命そのもの。霊的な波動を持っている。
  • 人間は肉体を着た霊的な存在。
  • 魂は霊界の住人として永遠の世界を生きている。本来は純粋で輝くような尊い存在。
  • 魂がこの世に来た目的は、人間の心や肉体が求める快楽・欲求とは全く異なる。
  • 魂は目的を持って受精卵に飛び込み、人間としていろんなことを学ぼうとしている。
  • 人間は成長するにつれて理性・知性・我欲が強くなり、自分が霊的存在であることを忘れてしまう。
  • そのため人間側に忘れ去られた魂はソッポを向いて寝てしまう。
  • そこへ人間のマイナス想念が魂をズタズタに攻撃し、ヘドロのような汚い心を吹きかけて魂を汚す。
  • 人間にボコボコにされた魂は、意識不明の仮死状態。
  • ほとんどの人の魂はヘドロの中で眠ったまま。

本当は恐ろしい魂の不調

さらに女史は話を続けます。

  • 魂がフラフラ状態でも人間は何とか生きていける。
  • 私のように鈍感で自我の強い人(笑)は魂のことに気づかない。
  • 悩みもなく、人生イケイケ絶好調!の人でも魂はぶっ倒れている。
  • 人によってはこの魂の不調が心身に強く現れて、メンタルや身体の不調、幻覚や幻聴などの霊障に悩まされる。

 

そしてその後の治療によって、ついに私の魂は息を吹き返します。(続く)

 

----------------------------------------------------------------------------

「魂の病院」は仮称です。当病院は現在情報は公開しておらず、紹介のみの予約です。

メンタル不調に悩む方が多く訪れる、知る人ぞ知る不思議パワースポットです。

場所は東京都内です。

もしご興味があればご紹介できますのでお問い合わせよりお知らせください。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村