必見!病んだ魂を元気にする方法

魂の不調は心・肉体・人生に影響します。病んだ魂を元気にする驚きの方法について紹介します。

自殺をしてはいけない理由

 

「自殺」は重くてデリケートなテーマですが、ぜひ知っておいて頂きたいことがありますので今回書かせていただきました。

 

自殺は重罪

自殺は自分で自分の命を勝手に操作してしまうことですよね。

命の操作は、全ての命を支配する「神」の領域です。

自殺は人間が踏み込んではいけない神聖な領域を、土足で踏みにじるような行為に等しいのです。

つまり神の目から見ればとても重い罪に相当するわけです。

 

自殺霊の苦しみ

私は「魂の病院」で多くの自殺者の霊に出会ってきました。

来院されるクライアントさんの家族や知人に自殺者がいると、そのクライアントさんに自殺霊が一緒についてくるからです。

 

人間は死んだら終わりではありません。

肉体は無くなっても魂となってあの世で生き続けます。

ここが大事なポイントですが、人間が死ぬと生前の想いを魂に付着させたままあの世へ行くことになっています。

 

「死にたい、死にたい」と苦悩しながら自殺してあの世へ行ったとしますよね。

あの世へ行っても魂には全く同じ苦悩が待っています。

それどころかさらに苦悩は増して、真っ暗で冷たい世界で「死にたい、死にたい」と苦しみ続けることになります。

あるいは凶悪な自殺霊と化し、この世の人間に取り憑いて自殺をさせようとします。

「自殺したい」という想いを遂げるために生きている人の肉体を使うのです。これを永遠に繰り返しています。

 

「魂の病院」において、暗黒界からチャネリングした自殺霊はみな一様に苦しみもがきながら

「苦しい!ここは寒い!何も見えない暗い!」と叫んでいます。

中には全く無言で死んだようになっている自殺霊もいます。氷の世界で凍らされているようです。

 

*チャネリング---霊界との交信

 

自殺した魂は自ら地獄行きを選ぶ

人間には「死」という神の定めた時があり、そのルールに従って人間は死ぬこととなっています。

神を無視して自らの肉体を無きものにするというはなはだ自分勝手な行為は、魂にとっては永遠の重罪であり、想像を絶するような苦痛でしかないのです。

しかし神が魂を地獄に叩き落とすのではありません。

魂が自らの罪に苦しんで地獄へと降りて行くのです。

自殺してあの世へ行ってしまったら最後、「魂の病院」に出会うという奇跡が起こらない限り、永遠の地獄生活を送らなければなりません。

 

どん底にある光

しかし人間としてこの世に生きていればいくらでも立ち直るチャンスがあります。

それは魂の親である「神」が手を差し伸べてくれるからです。

親が愛を込めて子の成長を見守り、援助するのと同じです。

人間の目から見れば、人生のどん底は絶望でしかありません。

しかし神はどん底にこそ一筋の光を用意してくれています。

どん底まで行った人でなければ見えない光です。

不思議な話かもしれませんが、神はどん底に落ちる不完全な人間にこそに目をかけておられます。裕福で、才能があって、健康で、何一つ不自由のない幸福な人間ではなく。

 

うつや自殺願望は魂の不調および霊的障害が大きく起因しています。

「魂の病院」では魂レベルの癒しで、魂・心・肉体のバランスを整えていきます。

必要であれば心のあり方や人間存在の根本についても指導しています。

 

----------------------------------------------------------------------------

「魂の病院」は仮称です。当病院は現在情報は公開しておらず、紹介のみの予約です。

メンタル不調に悩む方が多く訪れる、知る人ぞ知る不思議パワースポットです。

場所は東京都内です。

もしご興味があればご紹介できますのでお問い合わせよりお知らせください。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村