必見!病んだ魂を元気にする方法

魂の不調は心・肉体・人生に影響します。病んだ魂を元気にする驚きの方法について紹介します。

スティーブ・ジョブズ 死の直前の言葉 あの世へ持って行けるもの

画像はネットからお借りしました。

この世には大成功して頂点にまで登りつめた人間がいます。彼らには生まれながらにそのような使命があったのでしょう。

そのうちの一人、スティーブ・ジョブズ氏が死の直前に語った言葉です。

※彼は「膵臓がんであと3、4ヶ月の命です。」と言われましたが、手術で健康を回復することができました。その経験を語ったスタンフォード大学卒業式のスピーチは最も有名です。完全に健康を取り戻した彼は「あと数十年間、死について考えたくない。」と言っていましたが、数年後56歳で死を迎えることになりました。

--------------------------------------------------------------------------------------

私はビジネスの世界で成功の頂点に君臨した。他の人の目には、私の人生は成功の典型的な縮図に見えるだろう。しかし、仕事をのぞくと喜びの少ない人生だった。人生の終わりには、富など、私が積み上げてきた人生の単なる事実でしかない。

病気でベッドに寝ていると、人生が走馬灯のように思い出される。私がずっとプライドを持っていたこと、認証(認められること)や富は、迫る死を目の前にして色あせていき、何も意味をなさなくなっている。この暗闇の中で、生命維持装置のグリーンのライトが点滅するのを見つめ、機械的な音が耳に聞こえてくる。神の息を感じる。死がだんだんと近づいている。

今やっと理解したことがある。

人生において十分にやっていけるだけの富を積み上げた後は、富とは関係のない他の事を追い求めた方が良い。もっと大切な何か他のこと。それは人間関係や芸術やまたは若い頃からの夢かもしれない。終わりを知らない富の追求は、人を歪ませてしまう。私のようにね。

神は、誰もの心の中に、富によってもたらされた幻想ではなく、愛を感じさせるための「感覚」というものを与えて下さった。私が勝ち得た富は(私が死ぬ時に)一緒に持って行けるものではない。私が持って行けるものは、愛情にあふれた思い出だけだ。これこそが本当の豊かさであり、あなたと一緒にいてくれるもの、あなたに力を与えてくれるもの、あなたの道を照らしてくれるものだ。愛とは何千マイルも超えて旅をする。人生に限界はない。行きたいところに行きなさい。

望むところまで高峰を登りなさい。全てはあなたの心の中にある、全てはあなたの手の中にあるのだから。

世の中で一番犠牲を払うことになる「ベッド」は何か知ってるかい?シックベッド(病床)だよ。あなたのために誰か運転手を雇うこともできる。お金を作ってもらうこともできる。だけどあなたのために病気になってくれる人は見つけることができない。物質的な物は無くなってもまた見つけられる。しかし、一つだけ無くなってしまっては、再び見つけられないものがある。人生だよ。命だよ。手術室に入る時、その病人はまだ読み終えていない本が一冊あったことに気付くんだ。「健康な生活を送る本」

あなたの人生がどのようなステージにあったとしても、誰もがいつか人生の幕を閉じる日がやってくる。あなたの家族のために愛情を大切にしてください。あなたのパートナーのために、あなたの友人のために、そして自分を丁寧に扱ってあげてください。他の人を大切にしてください。

 

「魂の病院」A女史の言葉です。

死後、あの世に持って行けるものは愛と信仰だけよ。
どれだけ神と人を愛したか?
これがあの世の評価基準なの。
人生でいくら富や名声を築いても全く評価されないわよ。
どれだけ素晴らしい芸術を残そうが、どれだけ人々から尊敬されようが、そこに神と愛がなければ全く無価値になってしまうの。
なぜかというと、あの世もこの世も人間も、全てを支配しているのは創造主である神だからなのよ。
神は「愛の源泉」なの。
人間がその神を無視することは、イコール"失格"ってことになるの。
魂が寝ているから、神の存在を信じない人もたくさんいるけどね。
歴史上偉大とされている人物たちもみんな暗闇でさまよっているわよ。

さてスティーブ・ジョブズさんは、あの世でどうしていらっしゃると思いますか?

 

----------------------------------------------------------------------------

「魂の病院」は仮称です。当病院は現在情報は公開しておらず、紹介のみの予約です。

メンタル不調に悩む方が多く訪れる、知る人ぞ知る霊的体験型不思議パワースポットです。

場所は東京都内です。

もしご興味があればご紹介いたしますのでお問い合わせよりお知らせください。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村