必見!病んだ魂を元気にする方法

魂の不調は心・肉体・人生に影響します。病んだ魂を元気にする驚きの方法について紹介します。

死んで地獄を選んだ父 認知症と老いへの心構え

暗い老いのイメージ

私は結婚以来ずっと夫との二人暮らし。子供はいない。つまり、我々夫婦に何かあったとしても、フォローしてくれる存在がいないということだ。

二人暮らしはいずれどちらかが先に亡くなって一人暮らしになる。

女性は男性よりも長生きだから、夫が先に亡くなって私が一人で生きている可能性は高い。

日が沈み、電気をつけることもなく暗い部屋で背中を丸め、ひっそりと暮らしている。

最近よくこんな自分を想像してしまう。どうしてこんなに暗いイメージしか浮かばないのだろう。

きっとテレビでよく見る高齢独居老人の映像が脳に刷り込まれているのだろう。

テレビの影響だけではない。

昨年、認知症で亡くなった父の姿に、老いの哀れ、惨めさをイヤというほど見せつけられたからである。

 

認知症は心の断捨離か?

認知症の兆候が現れてから、約5年後に父は死んだ。母の老々介護はすでに限界に達していた。

人格を失った父はあたりかまわず暴言を吐き、物を投げつけ、壊し、家族のことも自分のこともわからなくなった。

徘徊などの父の異常行動に振り回される母に介護うつの兆候が見え始めた。

床の上で排便をするようになったため、ようやく施設へ入所させたが、暴力行為が手に負えないとのことですぐに退所させられる始末。

施設側のすすめで精神病院で向精神病薬を処方してもらい、何もわからない父に無理やり薬を飲ませ続けた。

暴れる動物を薬でおとなしくさせるようなものだ。

父の尊厳だとか、父がかわいそうだとか、家族にそんな感情はすでになかった。それほど切羽詰まっていたのだ。

ほどなくして、父が熱中症で弱り果てたところを見計らい、まるで大人しくなった動物を護送するかのように車に押し込み、施設に入所させた。

私たち家族は救われたようにホッとした。夏の青空がまぶしかった。

それから1年後に父は死んだ。

自分のことさえわからないのだから、家族や自分の人生をどうこう思うことは一切なかったであろう。

言ってみれば、頭の中は「無」の状態。

父は認知症のおかげで、欲も執着も断捨離したのではないか。

「苦労せずこの世の煩悩を解き放ってあの世に逝けたからいいではないか」

父の葬儀中、私はそんなことをぼんやり思っていた。

 

地獄界へ行った父

ところがその1ヶ月後に「魂の病院」を訪れた時、私の顔を見るなりA女史が言った。

「お父さん、地獄界で苦しんでるね。。」

やはりそうだったか。。

もしかしたら認知症のおかげで、父はきれいさっぱりこの世のアカを落とせたかもしれない

と期待していたが。

しかし、長い人生の間に抱え込んだ葛藤や後悔、怒り、無念、そのような負の感情を消すことのないまま、あの世に逝ってしまった父。

霊魂を地獄へ落とすのは閻魔様でも神様でもない。

霊魂が自分の重力に耐えかねて、自ら地獄界へと降りていくのだ。

霊魂の重力とは、この世で蓄えた負の想念である。

これは死んでも消えない。霊魂にまとわりついたまま永遠に残る。

幸運にも神の慈悲を受けた父の霊魂は、「魂の病院」にて浄化してもらった。

あの世にて、突然まぶしい光の中に引き上げられた父はとても驚いていた。

これがほんとの供養であり、成仏である。

 

老いの心構え

老後の次には死後が待っている。私たちは死後もなお生き続けなければならないのだ。

病気、貧困、家族・知人の死、「老いる」とは気の滅入ることの連続である。

どんなにつらくても、せめて周囲には明るく振るまいたいものだ。

歳をとったら感謝と笑顔。

何もできなくても、これぐらいのことはできるはず。

そう思って毎日笑顔の練習、店員さんへの「ありがとう」を欠かさないようにしている。

このような心を魂はとても喜ぶからだ。

魂がこの世で喜ぶと、あの世では明るい世界へと浮上する。

だから生きているうちが大事なのだ。

 

A女史のコメントです。

認知症は魂が肉体からはずれているのよ。
つまり正常じゃない状態。
魂の目を開けて、魂に従って生きていれば認知症にはならないわよ。

 

----------------------------------------------------------------------------

「魂の病院」は仮称です。当病院は現在情報は公開しておらず、紹介のみの予約です。

メンタル不調に悩む方が多く訪れる、知る人ぞ知る霊的体験型不思議パワースポットです。

場所は東京都内です。

もしご興味があればご紹介いたしますのでお問い合わせよりお知らせください。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村