必見!病んだ魂を元気にする方法

魂の不調は心・肉体・人生に影響します。病んだ魂を元気にする驚きの方法について紹介します。

大丈夫!ネガティブな記憶 そのうちどうでもよくなるよ。

  • 過去のイヤなことばかり思い出す。
  • 後悔ばかりが頭に浮かぶ。

誰でもこんなことはありますよね。

私もそう。けっこうネガティブな思考が多いので。

 

だけど、あれこれ思い出していや〜な気持ちに没入できるのは10代、20代、30代ぐらいまでかな。

 

40代になると、人と比べてどうこう思う気持ちが薄れてきて、イヤな思い出はだんだん遠い過去のことになってしまう。

 

昔、まだ20代の年下の同僚が、上司に言われた一言に傷ついて泣いていた。

ほんの軽い冗談で、体型のことを言われたらしい。(今じゃ立派なセクハラ)

その彼女もすでに50代半ば。

何を言われようと「それがどうした、ガハハ!」と笑い飛ばせる立派なおばさんに変身したよ。

 

50代を過ぎたらいよいよ残り少ない人生をカウントダウンし始めるから、昔のイヤことなんか考えなくなるのよねえ。。

更年期障害やら体力ダウンでそれどころじゃないし。(笑)

 

60歳を過ぎた今、脳みそが衰えてきたせいもあるけど、昔のイヤな思い出なんてどうでもいいし、思い出すこともないね。

そういえばそんなことあったかも?・・ぐらい。

 

【オバさんにも言わせて】^_^ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  • 今のイヤな状況なんて、一生続くわけじゃない。自分の波動が変われば環境も変わる。
  • イヤだと思う環境だったら、さっさと逃げればいいと思うよ。
  • 仕事でも夫婦関係でも、辛い、苦しいと感じるのは「波動」が違うから。これってどうにもならないから離れた方がいい。

^_^ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

私の理想は、自分へのこだわりを捨て、風のようにひょうひょうとしていられること。

何を言われても気にならないし、傷つかないし、怒らないし、後悔しない。

こんな透明な心になれたらいいなあ。

 

いや、なりつつあるような気がする。

なぜかといえば、老化による記憶力と集中力の低下。

これはこれでちょっと困るけど。

 

おかげでイヤなことがあっても、いつまでも頭に残らなくなった。

だからいつまでもクヨクヨしたりすることは少なくなってきた。

 

年をとるメリットって、こんなことぐらいかな。