必見!病んだ魂を元気にする方法

魂の不調は心・肉体・人生に影響します。病んだ魂を元気にする驚きの方法について紹介します。

断捨離の極意 魂がキレイになると部屋もキレイになる

 

「魂の治療」とは、魂の周囲に付着したマイナス想念・過去世のカルマ・取り憑いた邪霊などを浄化して心と体の不調を改善する療法です。

早い話が、真っ黒に汚れていた魂がだんだんキレイになっていくということ。

それにつれて心も体も生まれ変わったように波動が高まっていきます。

魂がきれいになると、多くのクライアントさんが「きれい好き」に変身します。

これは男女関係ありません。

私もそうでした。

恥ずかしい話ですが、以前の私は、服は脱ぎっぱなし、部屋が散らかっていても放置、多少の汚れも平気なズボラ主婦。

 

ところが「魂の治療」を受るようになってからは、汚部屋が許せなくなったんです。

 

  • 視界に入る散らかった物が気になる。(前は気にならなかった)
  • トイレ掃除は毎日しないと気が済まない。(前は汚れたら掃除する、でよかった)
  • 服はちゃんとたたんで整理整頓。(前は脱ぎっぱなしでポイ)
  • 食器の茶しぶなどが許せない。(前は気にならなかった)
  • 花や絵を飾りたい。(前は殺風景な空間だった)
  • カーテンやシーツやソファカバーなどにこだわりたい。(前は何でもよかった)

 

とまあ、こんな感じで自分でも驚くほどすっかり変わってしまいました。

しかし、これだけでは終わりません。

「キレイ好き」の次に、芽生えたのが「断捨離」です。

使わずに仕まい込んである物を徹底的に捨てたくなったのです。

押し入れやクローゼットの中がグチャ〜ッとしてるのを見て、頭がクラクラして混乱!

それっ!とばかりに、頂き物の花瓶や飾り物、服、靴、思い出の品、アルバムや結婚指輪まで、片っ端から捨てました。

しまいい込みの元凶となる本棚やラック、カラーボックスなども捨てました。

思い出は形に残さなくても心の中に残せば充分、そう思えるようになりました。

こんなふうに断捨離ブームが来るずっと前から、私は断捨離してましたよ。

 

物をためこんだり、捨てられないのは、心の奥底に「失う不安」があるんじゃないかな。。。

大切な人を失う不安、安住の地を失う不安、希望を失う不安、健康を失う不安、命を失う不安

これらはみんな執着ですね。

魂にとって人間の執着心は迷惑でしかありません。

 

「魂の病院」A女史のコメントです。

人間は何も持たずに裸で生まれて来る。
死ぬときは肉体すら捨ててあの世に旅立つ。
身も心も魂も、全てを神に任せれば、何もいらないと思えるようになるのよ。
これが本当の断捨離
そしたらお金でも家でも仕事でも、本当に必要な物は全部手に入るようになるわよ。

----------------------------------------------------------------------------

「魂の病院」は仮称です。当病院は現在情報は公開しておらず、紹介のみの予約です。

メンタル不調に悩む方が多く訪れる、知る人ぞ知る霊的体験型不思議パワースポットです。

場所は東京都内です。

もしご興味があればご紹介いたしますのでお問い合わせよりお知らせください。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村