必見!病んだ魂を元気にする方法

魂の不調は心・肉体・人生に影響します。病んだ魂を元気にする驚きの方法について紹介します。

「聞き上手」になりたい

60年以上生きててようやくわかったことがあります。(遅すぎますね。)

よく言われることなんですけど

「好かれる人は聞き上手」

私自身、自分の話を聞いてもらいたくて、つい自分のことばかり話してしまうことがあります。

ハタと気がつくと、相手はニコニコしながら私の話にあいづちを打ち、真剣に私の話を理解しようとしています。

そして私の気持ちに共感するかのように、

「それは残念だったね。」

「それはよかったね。」

悲しそうに、そしてうれしそうに表情を変えながら、私の話を受け入れてくれる。

人の話なんてどうでもいいことなのに、

自分の時間を犠牲にしてまで私の話に延々と付き合あってくれる。

こんな人には自然と近寄って行きたくなります。

 

グチや悪口は聞きたくないですよね。

不平不満は、「言う」というより「吐く」。

マイナスの想いを吐く。

人間は悲しみや憎しみなど、マイナスのエネルギーを言葉に乗せて排出しようとするのかもしれません。

でも相手がいなかったら吐けませんよね。

一人でブツブツ言っても気は晴れません。

相手が聞き上手だと、つらい気持ちを伝えるとスッキリすることがあります。

マイナスの想いは毒ガスのように心と体、そして魂にとっても有害です。

聞き上手さんはこの毒ガスを吸わされているようなものです。

だけどあふれる愛をもって毒ガスを中和してくれるんですよね。

霊的感能力が敏感な人は、相手の吐くマイナスの想いを吸いとり、それが霊障となって心身に不調を起こすことがありますので要注意。

 

世の中には苦しみや悲しみを抱えている人がたくさんいます。

無力な私には何もできないけど、そんな人たちの話を聞いて一緒に泣いたり喜んだりすることぐらいはできるはず。

グチだっていい。毒ガスだっていい。

励ましてあげたい。

力になってあげたい。

悪口だって、吐くだけ吐いたらいつか悔い改めの気付きになってくれればいい。

今までは「聞いてもらう」ばかりの人生だったけど、今度は「聞いてあげる」を全うして死にたいな。。。

そんなことを思う今日この頃です。

 

私の話を聞いて下さって、どうもありがとうございました。