必見!病んだ魂を元気にする方法

魂の不調は心・肉体・人生に影響します。病んだ魂を元気にする驚きの方法について紹介します。

神も悪魔も人間を地獄に落とさない。人間が自ら地獄を選ぶのである。

旧◯一教会のネタが今だにメディアを賑わせています。

なんでも「XXしないと地獄に落ちる。。。」

などと恐怖心をあおって信者に献金させたとか。

「地獄に落ちる」は、私にとっては聞き飽きたセリフです。

だって子供の頃、大人たちにさんざん言われましたから。

「ウソつくと地獄に落ちるよ!」とか、

「友だちをいじめると地獄に落ちるよ!」なんてね。

だから今さら「地獄に落ちるよ」と言われてもなんとも思いません。

そんなことを言う人たちに言ってやりたいね。

「アンタこそ『地獄に落ちない』っていう自信でもあるのかい?」

 

では地獄って存在しないのでしょうか?

いえいえ、ちゃんとありますよ。

私の亡くなった父は地獄界で苦しんでいました。

なぜだかわかりません。

父はいたって普通の人でした。

悪いところもあったし、いいところもあったし。

だけど父の心の奥は誰にもわかりません。

父自身、自分のことなんてわからなかったと思います。

 

私たちは自分のことなんて、本当は全然わかっていないんです。

本当の自分は「魂」だからです。

魂は意志を持ったもう一人の霊的な自分です。

死後、肉体を抜け出した魂は、初めて己の姿を見て驚きます。

「なんて汚いんだ!」

そして己の醜さを恥じ、後悔の悲しみにうめきながら、地を這うように身を隠す場所を探します。

己の姿に最もふさわしい場所。

暗く、汚く、醜く、悪臭漂う冷たい世界。

それが地獄です。

こうして人間の魂は、自ら地獄へと落ちて行くのです。

行きたいから行くのです。

誰かに強制されるわけではありません。

悪魔は、自ら地獄へ堕ちてゆく人間の魂のことは相手にしません。

だって地獄へ落とす手間が省けるでしょ。

だけどそんな哀れな魂を「なんとか救ってやりたい」と、地獄で必死に手を差し伸べる救い主が存在するんです。

だけど悲しいかな魂は永遠に気がつかない。

そんな救い主がいるなんて知らないまま死んだから。

その救い主って、実はイエス・キリスト(神サマ)のことなんです。

私はキリスト教には縁がなかったので知らなかったのですが、このことは私の魂が教えてくれたんです。

だから生きてる間にぜひキリストのことを知っておくべきだと、私は思いますね。

死んでからでは遅いです。(おどしじゃありませんけどね(笑))